構造・工法・建築材料について

何故木造住宅なのですか。
材料そのものの調湿機能があり、古来より研究されている「木」でできた住宅が一番気候風土になじみ、強さや耐久性・変更の容易さがあるからです。
また、家に必要な安心感と自然の素材感は木だからこそ感じうるものです。
木造住宅は構造的に弱いのでは。
国が定めた建築基準法による構造強度をしっかり確保してあります。
また在来軸組に金物をプラスした工法を採用することにより、更なる構造強化を図ることができました。
耐震対策をより強化したい方には、地震の揺れを吸収する「制震装置」もご用意してあります。
トップへ