before・afterの安心

家を建てている最中だけではなく、建てる前も、建てたあとも不安なく過ごすために。シンプルモダンの家はこんな時だからこそ、3つの制度であなたのマイホームづくりをバックアップ致します。

住宅完成保証制度

完成保証 金銭保証 焼く無保証「住宅完成保証」とは、家の契約からお引渡しまでの長い建築期間中に起こりうる不測の事態を想定し、たとえ契約を結んだ請負契約企業が工事を続けられなくなっても、契約した家を完成してお引渡しできるように、また金銭的な損害が起こらないように考えられた保証です。

完成保証には、「金銭保証」と「役務保証」があります。
「金銭保証」とは、工事を別の業者に任せて予算をオーバーした場合など、工事の引継ぎによって増えてしまった費用を定められた限度額の範囲でお支払いするものです。新たに工事を引き継いでくれる業者は別に探さなくてはなりません。
「役務保証」とは、中断した工事を再開するため別の業者を紹介し、工事の再開を図るものです。

シンプルモダンの家は、「家の完成」を第一条件とする「役務保証」である完成保証をご用意しております。

住宅瑕疵担保責任保険

2009年10月1より家を守る法律、「住宅瑕疵担保履行法」が施行されました。
この法律は新築住宅を建てる業者に対して、瑕疵があった場合の補修等が確実に行われるよう、保険と供託を義務付けるものです。
法律によって、建築業者が住宅の中でも特に重要な部分である構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を禁止する部分に対して、10年間の瑕疵保証責任を負うことを義務付けされました。
もし請負業者とのトラブルがおきても、住宅専門の紛争処理がうけられ、和解などの解決へ向かうことが保証されています。

現在は、家を建てる業者は瑕疵担保責任保険に「入ってから」契約をしなければなりませんので、もちろんシンプルモダンの家の家も全棟瑕疵担保責任保険が付いています。

長期優良住宅

古くなった家は建て直して新しいものをつくる。それは、お手入れにかけるよりも、建てたほうが安くて良いものができるといった理由があったから行われてきた、今までの家にとっては至って普通のことでした。

住宅の寿命

しかし時代の流れとともにリフォームが浸透しはじめ、徐々に「立てて壊してつくりなおす」から「良いものを長く使う」形に変化してきました。そんな新しい時代の家の姿のひとつが長期優良住宅です。
長期優良住宅が示す、新しい住宅の形とは…
実は環境にもやさしく、私たちにもとても優しいものなのです。

まず、長期優良住宅とは、
・一つの住宅を長く使うことによって、解体や廃棄物の排出を少なくして環境へ配慮すること。
・建替えに掛かる費用を削減することによって住宅に対する負担を少なくし、より豊かで優しい暮らしをすること。長期優良住宅 基準

つまり、「つくって壊す家」から「お手入れしながら長く大切に使う家」を目指す為につくられた「長期優良住宅普及促進法」に適合する住宅のことです。

長期優良住宅は国土交通省が定めた、耐震性、省エネルギー性、バリアフリー性、可変性、維持管理・更新の容易性、劣化対策、維持保全管理の計画など、様々な基準となる条件をクリアすることが求められます。

一定の基準を満たし長期優良住宅にすると、こんなメリットがあります。

  • 補助金の助成を受ける対象となる
  • 耐震・バリアフリー・省エネ性能条件を満たした長寿命住宅ができる
  • 税金の優遇措置が受けられる

長期優良住宅と認定されれば技術は保証され、子供達や地球にもやさしい長生きする家となります。更に補助金の助成や税制の優遇措置も受けることが可能です。多少予算は必要となりますが、建てる時のお得はもちろん、年をとっても安心して住める長期優良住宅。今家を建てるならぜひ対応をおすすめ致します。

トップへ